売却の基本的な流れ

査定依頼

家を高く売るには、なるべく複数の不動産会社へ依頼しましょう。一括査定を利用すれば、見積もりを一括で簡単に出すことができます。見積もり価格を比較しながら、自身の状況に最も適した会社を見つけましょう。

不動産会社の決定

納得のいく見積もり価格が見つかれば、いよいよ本格的に不動産会社と売却の相談をしましょう。契約内容を確認した後に契約となります。

買主の内覧会

住宅の売却活動の一環として、購入を希望している人に向けて内覧会を開きます。売主は内覧会に向けて、家を綺麗に保つようにしましょう。

契約成立

売主と買主の双方が納得した上で、契約成立となります。トラブル防止のため、不動産会社による「重要事項」の説明があります。契約書面や、手続きを終えた後に契約が成立します。

ローンの残債分を支払う

契約が成立したら、売主は残っている住宅ローンの残債を支払います。また、諸経費や売却にかかる税金などがかかります。これらの費用は売却金額から差し引かれ、残った金額が口座に振り込まれます。

不動産の引き渡し

全ての手続きを終えた後で、買主へ不動産を引き渡します。

確定申告をする

不動産の引き渡しを終えたら、売主は確定申告をする必要があります。確定申告をしないと税金の負担額が増える可能性もあるので、利益の大小に関わらず確定申告をしましょう。

以上の手続きを持って不動産売却の契約完了となります。気になることがあれば、契約前に不動産会社の担当者に疑問点を投げかけましょう。双方が納得した状態で契約を交わすことが何より大切です。

実際に売却しよう

売る側の心得

「成功」と「失敗」の分かれ道となる初回設定価格

不動産会社が決定した後は、売り出す価格を設定することになります。初回で設定する価格が高すぎてしまうと、内覧希望者の興味がなくなる可能性があるので、不動産価格は十分考慮してから決めることが大切す。売り出し価格が決定した後は、各不動産会社のサイトに情報が掲載され、あとは購入希望者を待つのみとなります。また、初めの設定価格が高額だとサイトでのヒット率が低くなることもあるので注意しましょう。

内覧希望者への対応

購入希望者は内覧をすることになりますが、内覧において家の第一印象はとても重要なポイントになります。第一印象が悪いとそこで購入の意思がなくなってしまいます。購入意欲を掻き立てるためにも、内覧日までには家を綺麗にしておきましょう。チェックする箇所は内覧希望者によって変わってきますが、どこをチェックされてもいいように普段から掃除を怠らないようにすることが大事です。

内覧希望者がチェックする箇所ランキング

キッチン

キッチン

フローリング

フローリング

トイレ

トイレ

上位3つ以外だけではなく、内覧日に備えて日頃から家を綺麗に保ちましょう。美しい家はポイントアップに繋がります。

売買契約について

売主の財産権が買主へ移転され、その報酬を買主が売主に支払うことを約束することを売買契約と言います。売主と買主の条件をそれぞれ確認し、互いの条件に納得したら晴れて家を売却できます。一度契約を結んだ場合は、一方の都合で契約を簡単に解除することはできません。売買契約は両方の信頼関係の上で成り立つものになります。売買契約によるトラブルを防ぐためにも、お互いに納得できた時点で売買契約を結ぶようにしましょう。

top